妊娠線クリームで安いのに効果あり

妊娠線は絶対作りたくないと思っている妊婦さんがほとんどかと思います。妊娠後期になると何かと忙しくなり肌のケアが疎かになる時期ですので、初期や中期から妊娠線予防は習慣にするべきですね。手軽で効果的に妊娠線を予防できるクリームを使えば、出産後も綺麗なママで居られますよ。

妊娠線クリームランキング

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

ストレッチマーククリームの特徴

  • 無添加で葉酸配合
  • ネロリの香りでリラックス効果
  • 女性100人の声から生まれた
  • 国産だからママも安心
  • 専門雑誌でも高評価のクリーム
  • 価格 2,800円
    評価 評価5
    備考 お肌にたっぷり塗るだけマッサージも必要なし

    ベルタマザークリーム

    ベルタマザークリームの特徴

  • 無添加でオーガニック
  • 濃厚保湿で引締め効果も
  • スーパーヒアルロン酸配合
  • 高品質の美容成分
  • 奥まで浸透する
  • 価格 定期初回500円
    評価 評価4.5
    備考 初回限定で送料無料で手に入る

    できてしまった肉割れ妊娠線のケアはノコア

    ノコアクリームの特徴

  • できてしまっても大丈夫
  • 産前・産後どちらでも
  • 有効成分49種配合
  • 厚い皮膚にも浸透
  • オイルとクリームでケア
  • 価格 11,870円円
    評価 評価4
    備考 アフターヘアのためにこだわって開発

    妊娠線は作りたいくない

    市販の妊娠線クリームはどんなもの?

     

    妊娠線は、妊娠中にお腹の中の赤ちゃんが成長するのと同時に自身のお腹も大きくなることから、皮膚が伸びきってしまい裂けてしまったような感じで何本もの線ができてしまいます。

     

    人によって妊娠線の状態は違い、お腹だけではなく脚の太ももやお尻に近い部分にもできてしまいますので、どうしても心配なら全身にクリームを付けてケアしましょう。
    妊娠線を予防することができるクリームは、マタニティ用品を取り扱っているお店に行けば、何種類かの専用クリームが販売されています。

     

    しかし専用商品だけに値段が高いと感じましたら、ドラッグストアーや薬局に販売している市販のボディークリームでも代用することが可能です。
    どのクリームが良いのか分からない時には、口コミでも評判なママ&キッズ ナチュラルマーククリームや、マタニティ商品でもお馴染みの犬印本舗のモイスチャーミルクがおススメです。

     

    妊娠線を予防するだけではなく、香料や防腐剤など配合していなく無添加なので、安心して使うことができます。

     

    ニベアの青缶の効果や特徴は?

     

    ニベアは昔からTVのCMで何度も放映していることから、馴染みのある保湿クリームとしても認知されています。

     

    シリーズ商品を含めますとドラッグストアーや薬局だけではなく、コンビニでも取り扱っていますので、入手のし易さやコスパの低さも手伝い人気が高い保湿クリーム商品の1つです。

     

    保湿クリームなので、肌に付けますと配合成分が皮膚に浸透し、乾燥した状態から潤いを与えることもできます。
    また年齢関係なく使うことができるように考えていることから、大人と比べて皮膚が敏感な子供や乾燥しやすい肌質の人にも効果が得られるように作られています。

     

    配合成分もワセリンやミネラルオイルやホホバ油など、保湿効果が抜群なものが含まれています。
    肌質によっては付け過ぎてしまいますと、肌がベタベタした感じになってしまいます。

     

    その場合は薄く伸ばすような状態で肌に馴染ませれば、時間の経過と共にしっとりした肌へとなってきますので、乾燥状態に合わせながらも適度な分量を付けてトラブルを防ぎましょう。

    長く続けるためにコスパも重視したい

     

    保湿クリームは付ける箇所によって使い分ける人もいますが、手だけではなく全身付けることができる商品だと、少々値段が高くても1つの商品で賄えることもできます。

     

    また配合成分を確認して天然植物オイルが多く入っている商品を好んでいたり、体臭を気にしてハーブが含まれているものが好まれることもあります。

     

    その中でも無印のホホバオイルはホホバの種子が主な原料になっており、肌の保湿だけではなくマッサージや頭皮のケアとしても使うことができます。

     

    頭皮へ付けますとベタベタした感じに仕上がるのではと想像しがちですが、サラッとしたオイルになっていますので、ホホバの成分が浸透し髪質が良くなることもあります。

     

    市販の保湿オイルの中では少々値段が高いですが、使える用途が多い分だけコスパも良いです。
    配合している原料に関しても拘っていますので、肌質が弱い人でも反応することがなく肌に馴染みます。

    クリームの代替として使える?

     

    妊娠線が出ないように予防するには、マタニティ用品を扱っているお店で専用クリームがあることから購入して、一生懸命に肌へと浸透させることで線が出ないように防ぐこともできます。

     

    しかし専用クリームは少々高いと感じるだけではなく、出産してから使わなくなってしまったということもあります。

     

    頻繁に使っていれば余ることは少ないですが、何箱も購入したり容量が多い商品を買ってしまいますとコスパが悪いと思いますので、市販のクリームを代用として使うことはできないでしょうか?

     

    保湿クリームやボディークリームでも全身用でしたら、配合成分を確認することで妊娠線の予防としても使うことも可能です。
    ニベアの青缶もそうですが、敏感肌用としても対応しているキュレルでも保湿効果は抜群なので、妊娠専用の商品にこだわる必要はないです。

     

    ただしラベンダーなどハーブの種類によってはに、妊娠中に使うことがよくないとされていることから、購入する前に配合している原料を確認してから使いましょう。

    しっかり予防なら専用クリーム

     

    妊娠中は赤ちゃんがしっかりとお腹の中で成長しているのは嬉しいですが、同時にお腹も大きくなってきますので皮膚が伸びきってしまい、筋となって現れてきた妊娠線が気になってします。

     

    この妊娠線は、出産しお腹の皮が収縮している間でもなくなることはなく、体型が元に戻ってもハッキリと浮き出ているので、予防するためにも妊娠中からしっかりと予防したいです。

     

    しっかり予防するためには、専用クリームがマタニティー専門店で販売しています。
    専用クリームの特徴は、保湿成分があるだけではなく全身に付けることもできますので、妊娠線の予防だけではなく乾燥予防にも使うことができます。

     

    お腹の中の赤ちゃんに影響が出ることも懸念して、配合成分も無添加で天然素材がメインとなっています。

     

    市販のクリームの中には石油系の油分や防腐剤などの成分が入っている商品もあり、お腹周辺に塗ってしまいますと赤ちゃんの影響が心配になってしまいますが、専用クリームの場合はそこも含めて開発していますので安心て使うことができます。

    まとめ

    市販のものは手軽に使えますが、やはり妊娠線予防の専門クリームが配合されている成分を見ても効果は高いと思います。妊娠線ができてからでは後悔してしまいますので、絶対作らないと決めたら妊娠線専門のクリームを使ってみてください。出産後の肌も綺麗でプレママでいられますよ。

    体験者の口コミ

    先輩ママから妊娠線の事は聞いていたので、初産からクリームを使用しました。初めは本当に必要なのかな?と思っていましたが後期になり自分でも想像しないくらいお腹が大きくなって驚きました。クリームは毎日しようしていたので出産後も妊娠線はできずに元通りの肌に戻りましたよ。

    妊娠線って本当にできるんですよね。妊娠線予防のケアはしていたつもりですが、面倒になると忘れることもありました。それほど酷くはありませんが妊娠線ができてショックでしたね。妊娠線ができた場合のケア用品があって助かりました。次に出産した時はしっかり予防して行こうと思います。

    初期の頃は少量で1日おきなどで使用していましたが。中期から出産までは毎日旦那に塗ってもらいました。徐々に大きくなるお腹が面白いようで、うちの旦那は楽しそうにクリームを塗って話しかけていましたよ。自分では面倒なケアも旦那さんにお願いしてみるのも良いかもしれませんよ。

     

    >>妊娠線クリーム人気ランキング